最近の雇用形態では、正社員も非正規でもほとんどの人が日給で働いています。

日給のお仕事の魅力について

日給のお仕事の魅力について

日給制が多くなています

最近の雇用形態では、正社員も非正規でもほとんどの人が日給で働いています。以前だと、月給となると公務員や大企業だとそちらの給与形態が多いです。そして、日給月給という働き方も増えています。これは、基本的には決められた日数を働いてそれ以上になるとその分を支給するという形になります。日給制の主な仕事では、製造業や事務職があります。例えば、製造業の中の水産業では加工する魚が取れないとその日は休みになります。

つまり、その日は給料の支払いがないということになります。そのため、デメリットに感じることもありますが、逆にいうと豊漁の時には仕事の日数が増えて給料も増えるということになります。そして、事務職でも同じで、ゴールデンウィークなどが休みの職場では、その月は日数が少なくなるので給料がその分減ってしまいます。

そして、日給制のメリットもあります。例えば、建設業では一日働くはずが、転機の影響で作業ができなくなった場合には、半日分という計算をするところもありますが、それを一日と計算をしてくれることもあります。そして、休日出勤をすると日給でも割増率を掛けて計算されることになります。それ以外にも、中小企業ではこのような給与形態にしているところが多いです。

就職・転職・求人や求人関連情報。このサイトでチェックしてみてください☆

Copyright (C)2017日給のお仕事の魅力について.All rights reserved.