日給は一日を労働単位として支払う給与形態です。

日給のお仕事の魅力について

日給のお仕事の魅力について

日給とはどんなものなのか

日給は一日を労働単位として支払う給与形態です。ですが、実はこれは時給換算で支払われているのとあまり変らないです。基本的に、アルバイトやパートは一日8時間以内の労働となります。なぜなら、労働基準法では、一日8時間、週40時間以上の労働と定められているからです。それ以上働く場合は、会社が超過勤務手当などを支払う必要があります。

しかし時間の管理がし辛い就業場所は多々あります。遊園地やライブ会場、野球など延長が読めないイベント会場や、土建の工事などタイムカードが管理し辛い場所ではしばしば日給で募集されます。また、時間が読めないため早く終る場合などがあり、アルバイトなどの募集をかけても人が集まらない時があります。しかし日給で募集すれば、その提示金額は必ず貰えるという保証になるため、人が集まり易くなる効果もあります。

しかし日給でも、基本的に一日8時間労働ということは変らないため、8時間を超えて勤務をした場合は、日給を時間で割って、超過勤務手当を請求できます。一回二回くらいの超過なら気にしない人も多いと思いますが、あまりに多い場合や、日給という言葉を悪用してわざと超過勤務をさせている会社もあるため、あまりに給与と時間数の差がひどい場合や、時間数で割って最低賃金に達してない場合などは、会社側に申告した方がいいでしょう。

就職・転職・求人や求人関連情報。このサイトでチェックしてみてください☆

Copyright (C)2017日給のお仕事の魅力について.All rights reserved.